Top >  ヒーリング関連 >  「病は気から」

「病は気から」

欧米諸国などでは、ヒーリングが治療の一環として扱われるまでに普及しており、健康保険が適用される国も見受けられます。
実際の医療現場でも、最先端の医療技術とヒーリングのコンビネーションによって、疾患の治療が施されています。
ヒーリングの方法においては、自分自身が兼ね備えている人間が本来持っているべきパワーというものに着目して、そのパワーを引き出そうとします。
したがって、自分自身に内在するエネルギーを自覚して、そのエネルギーを利用することによって、疾病に対する改善や治癒が施されていくことになります。
「病は気から」という言葉がありますが、まさにその言葉を具現化しているのが、ヒーリングというものではないでしょうか。
ちなみに、気功ヒーリング、前世ヒーリング、スピリチュアルヒーリングなど、ヒーリングにはさまざまな種類があります。

 <  前の記事 ヒーリングの目的  |  トップページ  |  次の記事 ヒーリングに関する講座  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3378

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ヒーリング ~自分へのご褒美~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。