Top >  ヒーリングの種類 >  遠隔ヒーリングの具体例

遠隔ヒーリングの具体例

ここでは、遠隔ヒーリングの具体例を一つご紹介させていただきます。
定められた時刻に、一定の時間(約30分)だけ施術する人が対象者に向けてエネルギーを発射します。
その際に、対象者は日常生活をそのまま普通に送っていても構わないのです。
対象者によっては、エネルギーが送られてきたことを実感するようなケースもあるそうです。
なお、眠気を感じることがあるそうですから、車の運転などは控えておいた方が良いとされています。
外傷による痛み、治りにくい疾患、精神的な悩み・・・さまざまな症状に対応する治療法であると言われていますが、その効果は個人差が大きく、直ぐに衝撃的な効果が見られる人もいれば、少しずつ効き目が現れてくるという人もいるようです。
ちなみに「遠隔ヒーリング」を希望する場合には、名前や住所、生年月日、悩みの内容といった必要事項を伝えなければならないことがあるそうです。

 <  前の記事 時間や空間にとらわれないヒーリング  |  トップページ  |  次の記事 レイキヒーリングについて  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3347

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ヒーリング ~自分へのご褒美~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。